こんな特徴がある

その他

漁業系廃棄物は、漁業を事業として営み、その結果出される廃棄物のことを言い、それぞれ一般廃棄物と産業廃棄物に大きく分けられます。漁業系の一般廃棄物は、自治体などの一般ごみとして廃棄可能な廃棄物で、燃えるゴミや燃えないゴミなどとして指定の日に回収してもらうことが可能です。一般廃棄物にはその他にも資源ごみやプラスチックなどの種類があり、自治体の指定する方法で回収され、そのルールに従って処理するという特徴があります。それに対して、産業系の廃棄物としての漁業系廃棄物は、産業系廃棄物回収業者に依頼する形で回収してもらうタイプの廃棄物です。この廃棄物は、一般廃棄物とは異なり、一般ごみとして廃棄することはできません。

準備をする

海中

漁業系廃棄物は一般ごみとして廃棄可能な廃棄物と、産業廃棄物として回収してもらう必要がある廃棄物に分ける事が出来ます。それぞれ廃棄物として処理し、回収してもらう場合には次のような方法で廃棄を行いますので、その点についてご紹介しましょう。まず、一般廃棄物として廃棄する場合、自治体が指定する方法で回収してもらうようになります。その準備としては、自治体の廃棄物回収のルールに従って分別して指定の日に廃棄物を出すということになります。この回収方法では、自治体によって指定されている廃棄物回収のルールに従うことが必要になりますが、特別なもの以外は事前に申し込むことは必要とされていないという点が特徴と言えます。

手続きを済ませる

海中

漁業系廃棄物のうち、産業廃棄物として廃棄する必要があるゴミの回収をしてもらう場合には産業廃棄物を取り扱っている業者に依頼して回収してもらう必要があります。産業廃棄物の廃棄には事前に具体的な点が定められており、回収業者はこうしたルールに従って料金などを設定しています。そのため、法律などのルールに沿って設定された廃棄物外周業者の指定する廃棄方法や廃棄費用に基づいて廃棄がなされます。産業廃棄物を回収してもらう場合、事前に産業廃棄物回収業者に依頼して、予約を取ったり申し込みを行う必要があります。具体的な手続きに基づいて廃棄処理を進めていくことがこの種類の廃棄物を廃棄する場合に必要な手順になります。そして、廃棄物の廃棄に必要とされる料金を支払い、産業廃棄物を処理するという流れになります。具体的な手続き方法は各業者によってきめられていますので、事前に業者に問い合わせるなどして適切に申し込みを行っておくことがポイントです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中