HOME>注目記事>適正な方法で処理することが必要とされている

きちんと決められている

海藻

漁業系廃棄物は漁業を事業として営んだ際に出される廃棄物で、これらは大きく分けて2種類の廃棄物に分けられます。まず、一般廃棄物いわれる廃棄物で、この廃棄物は自治体の決まりに従って回収され、必要に応じて費用などを支払って回収して貰う事が出来る廃棄物です。それに対して、産業廃棄物と言われる廃棄物もあり、産業系廃棄物は法律で産業系廃棄物業者に依頼して回収処理して貰う事が必要とされています。前者の場合は、分別して回収され、決められた日に決められた種類の廃棄物を回収処理してもらえます。後者の場合は専門の業者に依頼して回収してもらい、処理費用を支払って処理してもらいます。

注意点がある

海

漁業系廃棄物を処理する場合、どちらの種類の廃棄物も決められたルールに従って回収して処理してもらう必要があります。一般廃棄物として処理される漁業系廃棄物は、自治体であらかじめ決められている方法に従って分類をする必要があります。燃えるゴミや燃えないゴミ、資源ごみやプラスチックなどのように分類し、決められた廃棄物回収日に回収して貰う事が出来ます。例えば、月曜と木曜は燃えるゴミ、金曜はプラスチックごみなどのようにです。

広告募集中